< 2008/01 > [recent]

[2008/01/01 00:00] あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます.
なかぎりは,おかげさまで一年間息災でございました.

これからの一年,みなさんに幸せな日がつづきますように.


[2008/01/08 00:00] ねずみ

息災といえば,実家にはことしで92才になるばあさんがいるのです.
この冬もカゼひとつひいていなくてなにより.

身内ながら,これがとんでもない人なのです.
子年ということで,先月はねずみの置きものを作っていたそう.1コもらいました.



針しごとも楽々とこなしてしまうのだけど,
90をこえて,裸眼で裁縫してる人もなかなかいないのですよ.
最近は針の穴に糸を通しにくくなったんだって. にくくなったというだけで,何度か試せば確実に通せるんだから驚異ですよ.

はなしを聞くと,色違いのものをたくさん作って友達にも配ったらしい.
そういえば うちを見渡すと,いたるところに色違いのねずみがいるぞ?

え,まだある? ……箱に十数匹のねずみがいる!
いったい,いくつ作ったんだ!?


[2008/01/13 00:00] 紙とかペンとか

ホームセンターに文房具を買いに行ってきました.ちょっと物入りだったのです.

いい陽気なので自転車に乗っていこうとしましたが,
勤務先に置きっぱなしだったということに,自転車置き場に行って気がついたのです.
わざわざ取りに行くのも面倒なので,買い物は歩きに変更.

勤務先よりもホームセンターの方が3倍いじょう遠いんですけどね.


[2008/01/20 00:00] いつかは液晶画面で

ここ最近,ドルードルを使って何かおもしろいことができないかなと考えているのですが,
そのうちのひとつを実践しに,渋谷まで行ってきました.

R−1ぐらんぷりの予選でドルードルを披露してきたのです.

さきに出来を書いておくのですが,惨憺たるありさまでした!
それでも,拍手していただいた会場のみなさんには感謝感謝です.ありがとうございます.

ネタ元はドルードル学園という宝庫があるので,おおいにパク活用させていただきました.
私が台無しにしてしまったわけですが(^^;
つかった問題図は69回,65回,74回,77回です.回答は秘密ですよ.

エントリーナンバー2204番

控え室は出場者で密集状態でした!
隅で丹念に練習されていたスマイリーキクチさんが印象的でした.

どういうめぐり合わせか,私が後半戦のトップバッターになっていました.もう涙目ですよ.
涙目ぐあいが顔に出てたらしく,舞台そでで司会の大山姉妹さんに声をかけていただいてすこし落ちつけました.

観覧チケットは購入していなかったので,出番が終わったところで会場を後にしました.
出場者でひしめいている中,長居していては後の方に迷惑ですからね.

渋谷東急のトンカツ屋で昼ごはんをとりました.やわらかくて美味かったです.

ところで,今回使った小道具はけっこうかさばるものだったので,宅配便で送ることにしました.
会場から歩いて10分もかからないところにクロネコの配送センターがあったので,センター留めで送ったのです.帰りも自宅あてで発送.
遠くに大きい荷物を持っていくときは,この手を使うと便利かもしれません.都市部には宅配便のセンターがたくさんありますからね.


予選落ち記念の,プッチンプリン・ア・ラ・モードです.ホイップ盛りすぎました(^^;

プリンが見えない


あらためて,2回戦進出の山本俊治さんに感服した日でした.


[2008/01/23 00:00] やまのぼり5

数ヶ月ぶりに、なまった足に鞭打って行ってきましたよ。

今回は、安芸市の 城山 です。
高知県の最低峰なのです。

土佐くろしお鉄道 安芸駅を降りると一面の青空。
この辺りの方は、冬に洗濯ものが乾きにくくて困るという悩みは少なさそうですね。

城山という名が示すとおり、ここは 安芸城 というお城があった山なのです。
お城はずいぶん昔になくなったようで、今は山がたたずむばかりです。

駅から30分ほど北へと向かいましょう。
安芸は童謡の里として売り出しているようで、歌がながれるモニュメントなどもきれいに整備されています。
そんな中,細い道を縫いつつ、城跡へとたどり着きました。

近くに 書道美術館 や 歴史民俗資料館 などが位置しているのですが、この山は観光資源としては活用していないよう。
解説の看板が1枚たたずんでいるだけでした。江戸時代がはじまるころには城はなくなったようなので、地元でも観光資源化はされていないみたいですね。

資料館などの施設がたくさん

城山全景
そばには案内板があるだけ

登山口

登山道は、階段状に整備されています。山頂までは、約3分ほど。
山道の途中には、休憩に適した平坦な場所も用意されていて、テントを張ることもできます。
初心者でも休み休み登れる、親切なつくりですね。

山頂には、直径100メートルほどの平坦な場所が開けています。ここに城が築かれていたのでしょう。
記念碑くらいはあるかなと思っていたのですが、
中央に木が1本あるだけ。ちょっと残念なのでした。

きれいに掃除されてます

登山道
整地されてるのにもったいない

頂上の広場には立木が一本

山頂からは、やさいを育てているビニールハウスが多く見えます。
太平洋も望めたので,ついでに浜まで行ってみました。

ナスばたけ

ビニールハウスがいっぱい
クリックすると拡大写真

遠くに海も見える

海岸は、線路から南に歩いて20分ほど。
石だらけなので,砂浜でなく砂利浜と言うのかな。海水浴にはちょっと適さないかも.
かなり長いあいだこういう海岸になっていると見えて、どの石もまん丸。
波が引くたびに、コロコロと石が転がる音が一帯に響きます.初めて聞く音でしたけど,これがすごく心地よい.
こういう海岸も悪くないね。


高知の中華屋でちゃんぽんを食べて帰りました。


((((;゚Д゚))))

<おまけ>
安芸駅のマスコット
あき うたこちゃん


<山データ>

山名:城山

標高:36.2m (高知県最低)

所在:高知県安芸市土居 Googleマップ

経緯度:N 33°31'12" E 133°54'45"

<行程メモ>

安芸駅−(40分)−山麓:徒歩

山麓−(3分)−山頂:徒歩
2万5千分1地形図名:土佐土居




[top] [recent]