< 2010/10 > [recent]

[2010/10/10 22:50] いつかは液晶画面で4

M-1グランプリの予選に挑戦してきました。

ヤンマー部隊隊長 でおなじみの 山本俊治さんのお誘いをうけて、相方をつとめさせていただきました。
山本さんが持っている作業服の色違いバージョンを手配、作業服のおっさん二人といういでたちです。
コンビ名は「ごきげん製造工場」。

ネタも演技指導も山本さん仕込みです! おもしれー! さすが、R-1ぐらんぷり準決勝進出者だ!
私はというと、セリフ覚えがわるく練習の足を引っ張るありさま。
どうなることかと思いましたが…

本番ではかなりウケました! さらに、2回戦進出が決まりました!! さすが山本印のネタです!
名古屋のお客さまは出場者にあたたかかったです。とてもネタをしやすい雰囲気でした。

2回戦では持ち時間が1分増えるのですが、
山本さんに丸投げしてかんばります!


[2010/10/24 21:16] やまのぼり42

都道府県の最低峰と同時進行で進めている「58メートル峰」の全国制覇の旅。
新潟県にも1ヶ所あります。今年の春先の新潟県最低峰制覇に続いて、半年ぶりにもどってきました。
前回、いっしょに行くことができなかったんです。新潟はひろい。

五泉市にある本堂山に向います。地名にも五がついているぞ!

新潟駅から磐越線の快速にのり、30分ほどで五泉に到着。
この路線はSLも走っているのですが、ちょっと時間が合わず。乗るのはまたの機会にしました。
バスに乗りかえて20分ほど。「城町」というバス停で降ります。

バス停から10分もかからず、山の北側に到着。
直央神社の参拝道から登り始めます。



本堂山遠景

直央神社


バス停の名前から想像できるように、ここは城跡です。
遺跡はまったく残っていませんが、形が妙に平べったかったり、山の斜面に段差をつけているところが、わずかに城塞の跡だったことを物語っています。

直央神社の社殿を右に回ると、裏に回る小径があります。
その奥を尾根づたいに、山頂へと向かいます。踏み跡はありませんが、比較的ヤブは少なく、登山は難しくありません。
ところどころ、布を木に渡しているところがあります。頂上への道を示しているのでしょう。



神社の奥にまわる径

登山道を示す布?

まもなく、山頂と思わしき場所につきます。とくに標識などはありませんでした。
ところどころに陥没している場所があります。これも人工物の跡なのでしょう。
周囲はふつうの雑木林。残念ながら眺望はのぞめませんでした。



頂上のようす

同じく山麓にある「太子堂」に掲げられていた看板



新潟のちゃんぽん屋でちゃんぽんを食べて帰りました。




<山データ>

山名:本堂山(ほんどうやま)

標高:58m

所在:新潟県五泉市村松 Googleマップ

経緯度:N 37°41' 03" E 139°10' 19"

<行程メモ>
JR五泉駅−(20分)−城町:五泉市ふれあいバス
城町−(10分)−山麓:徒歩
山麓−(5分)−山頂:徒歩




[2010/10/30 01:38] ニコリまつり

明日はニコリまつり
始発で出かけて終電で戻ってくる予定なんだが、予定が狂う気配がぷんぷんして激しく心配(^^;


[2010/10/31 08:15] ニコリまつり2

昨日はニコリまつり
始発で出かけて始発で戻ってきました(^^;

予定が狂った理由:ねとらぼ:「渋谷駅がダンジョンのようだ」と話題に

ニコリダービーは、3戦ぜんぶ58枠で出場。
2頭、3頭、2頭で、残念ながら全落馬でありました。惜しかったー!


ニコリまつりのあと、山本さんとM−1グランプリ2回戦のネタあわせをしてきました。
11/6に出場予定であります。



[top] [recent]